スマイルドーナッツの雑記

思いついたことを勢いで書き殴っていきます。

AI時代は人が人らしく生きることができる時代

AI時代は人が人らしく生きることができる時代

 

になるんじゃないかなって話。

 

 

よくAIに奪われる仕事とかやってるけど、奪うっていうと否定的な言葉のイメージだから、拒否反応示す人も出てくるんだろうな。実際には置き換わるってのが、的確な表現な気がする。

 

文明の利器の発達で、掃除洗濯とかの家事が格段に楽になったように、これからはAIを使いこなすことで仕事を楽にしようってなりません?

 

楽になった分は、機械にはできない、人が人らしくできることをやればいい。

 

機械にできることだけをやってきた人にとっては大変だろうね。でも、そんな人ほとんどいないんじゃないかな。

 

人が人らしくできることってのは、人同士の繋がりだったり、コミュニケーションだったり、そんなとこか。

 

 

実は、機械にできてかつ人との繋がりが希薄なものの価値は、今後なくなると確信して、僕は人にしかできないことを意識的に選択して続けている。

 

例えば、将棋のAIは人に勝てるようになってきたけど、結局価値が高いのは人同士の将棋だ。もっと言えば短距離世界一のボルトだって、有象無象の自動車にも勝てないが、価値が高いのは人の世界一である。

 

なんだかんだ、機械にできることでも、人との繋がりが密接なものの価値はなくならないのだ。

 

 

僕は人にしかできないことを、今後も続けていこうと思う。また、人との繋がりを大事にしていきたい。

 

人が人らしく生きることができる時代、未来は雑多な色に満ちている。