スマイルドーナッツの雑記

楽しく仲良く元気よくがもっとーです。サブブログ:https://smiledonuts.hatenadiary.jp

※スマイルドーナッツの活動リンク

「スマイルドーナッツ」と検索して、来訪して下さった方は、下記のリンクよりお進み下さい。わたくしの、現在の活動や連絡先について、記載しています。

smiledonuts.jimdo.comスマイルドーナッツの今やってること、まとめ - smiledonuts ページ!

 何卒、よろしくお願い致します。

 

ADHDは天才なのか②

前回のADHDの記事が人気でしたので、便宜上はADHDの天才性について語りますが、多くの方に通じる話です。

 

▪️ADHDを他の障害と同じフィールドで語るということ。

発達障害は器質的な判断が難しく、障害を区分するのは無理がある場合もあります。このため最近は、ASDADHD(不注意性、多動性、衝動性)を厳密に区分せず、混合型と判断されるケースが増えてきました。

この一例のように、C-PTSD(複雑性トラウマ)や気分障害などの二次障害についても、ADHDだけが原因の元ではなく、むしろC-PTSD(複雑性トラウマ)などにより、ADHD様症状が引き起こされることもあると、考える必要があります

 

トラウマ(特にC-PTSD)により引き起こされた『回避、フラッシュバック、パニック、過緊張』が、ワーキングメモリーを侵食することにより、『不注意性、多動性、衝動性』といった、後天的に発達障害ADHD)様の症状を示すことがあります。これを正式な診断名ではないですが、『発達性トラウマ障害』といいます。しかしこれだと

発達障害により、トラウマを抱えたのか?

・トラウマにより、発達障害様の症状がでているのか?

判断は難しいと言えます。

障害や精神疾病の線引きは、大変難しいことが多いです。ADHDと、ASD学習障害などの発達障害、更にはC-PTSD気分障害を、グラデーションとして語ることは画期的な考え方になり得ます。

 

■天才性と創造力

天才性を創造力と結びつけて考えます。脳の抑制機能が低下すると、ネットワークは互いに過剰結合します。これによって生み出されるのが、ある種の発達障害です。例えばこの過剰結合によって音と言語の領域が結び付くと、共感覚が生まれます。

ここで創造性を2つに分けて考えてみます。

①後天的な学習によって身に着けることができる標準的な創造性

②脳の認知的な脱抑制よっておこる創造性→

・先天的な脳の認知的な脱抑制

・後天的な外傷などによる脳の認知的な脱抑制

前者①の後天的学習によって身に着けることができる標準的な創造性は、膨大な知識や技術の裏付けと、創造のための方法論によって生み出されます。

後者②の認知的脱抑制によっておこる創造性は、無意識下における自由な連想の中で生み出されます。

同じ創造性でも、生み出されるものの性質が異なることが分かりますでしょうか?前者①が認知的な脱抑制を持続させることが難しいことを考えると、後者②は天才性が高いと言えます。

天才と馬鹿は紙一重とは、このようなことをいうのではないでしょうか?

 

▪️天才教育

社会が求めるハードルが上がった(あるいは変化した)ことにより、教育の改革が必要になりました。近代の日本はスペシャリスト教育でしたが、ジェネラリスト教育も必要です。

教育は、0次産業ともいえるくらい替えがきかないものであるし、最も投資しなければいけないジャンルです。

例えば、オランダの有名な学校では

・宿題なし・入学試験なし・テストなし・チャイムなし・学費無料・時間割自由
など

その代わり、
・3学年合同クラス
・日々のできごと発表するサークル
・絵を並び替えて、ストーリーを論理的に説明
などの特色がある。

実際このような自発的な教育は、一人辺りのGDPや学力をみても、効を奏しているといえます。

また、ADHDのような発達障害の場合、これらの教育との相性がいい可能性が高いです。

 

しかし、手放しにいいと言われてるものを、採用すればいいというわけではありません。オランダ式だって日本に合うとは限りません。教育についてはテーラーメードが絶対だと考えています。

例えば、受験競争のような全体最適性の枠に収まって、勝ち抜きレースをするのが向いてる人もいます。戸塚ヨットスクールのように体罰(進歩を目的とした有形力の行使)によって成長する人もいます。


▪️ADHDが天才性を獲得するには

天才とは、時代の交差する点に立っている人とも言えます。または単純に、社会との相性によって生み出された現象、と言えるかもしれません。

最近の研究でジャンル間の融合は、個人によって産み出されることが圧倒的に多いと分かってきました。ADHDは体系化された技術を手に入れるとことができれば、脳の認知的な脱抑制を持続させることにより、天才性を上げることができるかもしれません。

 

 

▪️わたしたちができること

全ての人は、潜在的に天才性を秘めて産まれてきます。わたしたちはそれを引っ張り上げてあげることで、多くの人が活躍できる社会の実現に、近づけることができると考えます。

 

 

超能力の存在について、マジシャンの視点で語ります

74年のユリゲラー来日による超能力ブームでは、スプーン曲げに没頭する若者が現れた。

(やり方さえ分かれば誰でも曲げられるものであって、曲がらないスプーンを私は知らない笑)

80年代バブル期の新興宗教ブームでは、オウムの空中浮遊や神通力に憧れ、入信する若者が現れた。

 

超能力というのは人生を狂わせるほどの魅力があります。かくいう私も20年前くらいに、超能力風な手品の魅力にとりつかれて、今では職業の1つとしてマジシャンをやっているほどです。

今回はマジシャンである私の視点で、超能力の存在についてお話しします。

 

■超能力の定義

一般的に超能力は、科学で説明できないことを実現できる特殊な能力を指します。超心理学では、ESP(ExtraSensoryPerception)とPK(サイコキネシス)の2つが定義されています。この2つの定義は超心理学だけではなくマジック業界など、さまざまなな領域に広がりを見せています。

 

▪️メンタルマジックと超能力

タネをばらさず超能力であると説明すれば超能力になりますし、手品であるといえば、手品になります。

また、原理を分からずメンタルマジックが成功すれば、自分が超能力者であると勘違いすることもあるかもしれません。

このような方は心理学者の間で、シャット・アイと呼ばれています。シャット・アイは科学の進んでいない時代では、ありふれていたと考えられます。

世の中にメンタルマジックが存在せず、その原理も未知のままである場合は、メンタルマジックであったものが、超能力と定義できたかもしれません。

少なくとも、一般的な超能力の定義とは時代や環境などに簡単に左右される曖昧なものです。

 

▪️ESPらしきことは可能

コミュニケーションにおいてメラビアンの法則のように、半分以上は視覚情報であることを考えると、目の動き一つをとっても相手が感覚的に何を考えているのか、推し量る材料となり得ます。

例えば、EBM(根拠に基づく医療)でも、EMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing)のように眼球運動による脱感作は認められているし、眼球運動が行動心理において、重要な根拠となりえることは事実です。

このように、一見ESPと疑われるようなことは可能なのです。

 

▪️現状ESPが疑われる研究

森林浴で気持ちいいのは、フェノール類の影響と考えられてきましたが、最近の研究では非可聴域の周波が影響を与えていることが分かってきました。

20~20000Hz以上は非可聴域ですが、これらは人間の聴覚以外で受け止められており、気持ちよさに影響を与えているという仮説があります。

現状の科学では解明できていないことを考えるとこれが、超能力におけるESPといえるかもしれません。解明された瞬間に、超能力ではなくなるかもしれませんが、、

 

▪️超能力はあるかもしれない、しかし

科学における再現性を重要視する文化が、超能力を、雲隠れさせているという話もあります。実際、研究論文においても再現性に乏しいものは少なくありません。

実は常識や原理、根拠、人知、全てを超越した力があるのではないか?(日本語おかしいですが笑)と想像した方が楽しいかもしれません。

 

しかしそういった魅力を利用して、多くの人を不幸にする超能力ビジネスが蔓延る現状は悲しいものです。超能力と名前がついてないだけで、神通力、量子、引き寄せ、などに擬態していることもあります。(もちろん、神通力、量子、引き寄せを真剣に取り扱っているところもあります。)

 

雑な物言いをしますが、人を騙しても人を笑顔にできるのはマジシャンくらいなもんだと考えてます笑。超能力という言葉を使って、人を不幸にするやつらを許してはいけません。

 

 

AIと人の心の関係性を考えるということ

黒人には人の心が宿っていないという理由で、黒人差別がおこなわれた過去もあります。アメリカ社会でトランプが当選したのにも、そう言った差別思想の名残が影響を与えたことも考えられます。

私たちは人の心のありかたについて、考えざるを得ない時代がきていると予見します。

AIについて考えることは、人の心について考えることにも繋がります。まずは チューニングテスト・中国語の部屋という2つの思考実験から、人の心とはなんなのかを紐解いていこうと思います。

 

■チューニングテストと中国語の部屋の概説

▼チューニングテストとは

・検証

AI(機械)が本物の人間と大差ないほどに会話できるかのテストを行う

・結果

人間がAIと人間を判別できない場合、機械は思考をしていると判別する。

中国語の部屋とは

中国語の部屋の中

中国語のわからない人+中国語カードの入った箱と中国語カード完全対応マニュアル

・検証

部屋の外から中国語の質問を受け取り、中国語カード完全対応マニュアルに従い、部屋の外に中国語のカードを返す。

・結果

中国語がわからないにもかかわらず、中国語によるコミュニケーションを成立させており、部屋の外からは中国語のわからない人が、中国語を理解しているように見える。

 

知ってる人は多いので、かなり簡潔に書きましたが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

▪️クオリアと思考実験

クオリアという言葉は有名なので、ご存知の方も多いと思います。クオリアとは、意識に含まれる質感のようなもので、大変抽象度が高い概念です。今回は便宜上、意識の様なものだと定義します。

 

チューニングテスト→機械やAIにもクオリアはある。

中国語の部屋→チューニングテストでは、AI(機械)にクオリアがあると証明できない。

 

多くの方は、部屋全体が中国語を理解してるといえると考えます。器質的な学問領域でも、クオリアの生じ方が解明されていないので、部屋全体=人の脳と考えがちです。

しかし意味論的な見地では、中国語をわからない人が、中国語カード完全対応マニュアルを使っても、中国語を理解しているとは言えません。理解の段階で、クオリアが生じているとすれば、部屋全体にはクオリアが生じていないと考えます。

 

▪️情報と人の心

人はそもそもなぜ意識を獲得したのか。そこで情報処理になぜ心が必要なのかを考えます。

人はAIのような単純暗記(意味記憶)から、情報を引き出すことが苦手です。そこで物事をストーリーとして記憶するエピソード記憶がありますが、これを作り出すために意識が作り出されたのではないかと考える仮説があります。(受動意識仮説)

エピソード記憶には感情によるラベル付けがされます。情報処理上なんらかのメリットがあれば、AIにも心が宿る可能性が考えられます。(現実では可能性が低いとする学説もあります。)


▪️AI時代で人の心のあり方はどうなっていくのか

現状、宗教でしかなしえなかった人の心のあり方を、科学が解明することができるのでしょうか。解明できたとしても、そういった唯物的な理論はそう簡単に受け入れられることはないでしょう。

私たちの全てが情報処理の演算で説明できるとしたら、生まれ変わり(輪廻転生)というのも、釈迦がしたように簡単に否定されてしまうかもしれません。

今の自分自身を規定しているのは、可能性ではなく不可能性です。多くの人が何ものにもなれないことを認めざるを得ない時代は、今よりも薄暗いと思います。だからこそ、AIが多くの人を救うことになるよう、みなさんも一緒にAIと人の心について考えていきましょう。

ロボトミーという悪魔の手術から、現在の脳と科学のありかたを考える

ロボトミーという手術をご存知でしょうか。
なんだか、人間をロボットのようにしてしまうというイメージもありますが、ラテン語前頭葉を意味するLOBOと切るを意味するTOMYを、組み合わせたものです。


▪️ロボトミーの始まり
精神科医のエガスモニスはチンパンジー前頭葉を切ると凶暴性がおさまるという実験から、前頭葉視床をつなぐ神経線維の束(白質)を破壊する手術を着想しました。その後は、白質にアルコールを注射する方法、更には、白質をメスで切断する方法と改良されました。

当時から、様々な副作用が報告されていましたが、精神病が外科手術で治るということが注目されました。多くの方がデメリットに対して盲目になってしまったのですね、、


▪️ロボトミーの普及
精神科医のフリーマンは、実験レベルのものを標準化してロボトミー命名し、積極的に手術を広めました。
その後、改良型ロボトミーを考案。電気ショックにより意識を飛ばし、瞼の下から頭蓋骨の薄い部分に、ハンマーでアイスピックを差し込み、そこから前頭葉を破壊するというものです。(なんかヤバくない?)僅か10分足らずの手術になるとこともあったといいます。
その後、エガスモニスがノーベル生理学医学賞を受賞し、ロボトミーは急速に広まりました。


▪️ロボトミー衰退の始まり
しかし、退院後の副作用・合併症や、矯正を目的にした同性愛者や犯罪者への手術など、問題が起こります。それらの実態は小説「カッコーの巣の上で」で告発され、更には映画化されました。

これをきっかけに、人間性を失うほどの合併症を引き起こす、ロボトミーの恐ろしさが広まることになります。


▪️クロルプロマジンの登場
D2遮断薬クロルプロマジンの登場によって、代替が可能であることが分かると、ロボトミーは急速に廃れることになります。クロルプロマジンは、現在では精神病治療薬の換算の基準として用いられています。


▪️精神医療の現状
現在の精神医療は、客観的な診断基準により診断されますが、科学的かと言われるとまだ発展途上だと考えます。
内科のように血液検索やCTなど、ある程度の診断がはっきりするものが多いのに比べ、精神科の脳波やCTは、他の病気と区別をつけるための鑑別診断です。そのため基本的には問診になります。


▪️最近の話
欧米の神経外科では、電気的あるいは磁気的刺激をおこなうことにより治療する脳深部刺激法(Deep Brain Stimulation)へと進歩しています。
また、科学の進歩により、脳への器質的なアプローチもなされています。例えば脳に電極を埋め込み、反応を試みる実験も進行しています。しかし倫理上、実験のためだけに、脳に電極を埋め込むことができないため、データを取るのに時間がかかってしまいます。


▪️どれだけデータを取るのに時間がかかっても
科学は良い悪いではなく、進歩を目的とすることがあります。脳というのは、人の本質を担う特別な器官です。カウンセラー的な言い方をするなら、心といえるかもしれません。

ここで功利主義の考えを判断に加えて考えてみます。分子生物学の発展によりゲノム編集が問題とされていますが、ロボトミーのような悲劇を防ぐには、ゲノム編集と同様に脳についても、人間の尊厳に対して慎重になる必要があると考えます。たとえ回り道をすることになったのだとしても。

-

反出生主義について②(優生思想と反出生主義)

 

前回、不幸な遺伝子を持つ人の出生については懐疑的になる必要があると紹介しましたが、これだけだと不十分なので懐疑的になった場合の問題点も書き加えます。

 

▪️優生思想の問題点

古くはナチス、日本だと相模原の障害者殺人事件のように、優生思想が関与した事件があります。障害というのは、社会の中での相対的な線引きが多いが、障害者が要らない存在であるというのは胆略的すぎます。

優生思想は、多様性を取り除く可能性があるので、種の保存の観点から危険です。優秀な人間のみで構成された社会は、「優秀な人間絶対殺す病」が流行った場合、種は滅びてしまう。

ダーウィンの進化論も確実ではありません。人類種の発展と存続を願うなら、慎重にならざるを得ません。

 

▪️優生思想と反出生主義

混合されがちなのが、優生思想と反出生主義です。どちらも産まない選択をするから似ているようですが、根本が異なります。

・優性思想

劣った遺伝子を排除して、優性な遺伝子を後世に残すべきである。

・反出生主義

産まれた以上不幸は避けられない。不幸の最小化のため、人類種の緩やかな衰退は仕方のないことである。

 

(雑な解釈になってしまい申し訳ございません)というようにベースから違います。

 

 

▪️反出生主義について②

反出生主義を紹介する上で、インプットして欲しいのが、ベネタリアン的非対称性です。

 

・苦の存在はbad

存在者Xが苦を経験するのは悪いこと

・苦の不在はgood

Xが苦を経験せずに済むのは良いこと。例えそれが存在を得なかった場合のみ実現されるとしても。

・快の存在はgood

存在者Xが快を経験するのは良いこと。

・快の不在はnot bad

Xが存在を得なかったことで快を経験しなかったとしてもそれは悪いことではない。

 

森岡正博. (2013). 「生まれてくること」 は望ましいのか: デイヴィッド・ベネターの 『生まれてこなければよかった』 について.The Review of Life Studies .2013 ,3 ,p.1-9

https://t.co/kQchUA3C4P

 

論理的には反出生主義が優れていると考えますが、反出生主義者であると遺伝子は残せません。

人間を本能で生きる動物として考えるなら、遺伝子の残せない個体の遺伝子は、淘汰される弱い個体です。人間にも本能の中枢は残っており、

「遺伝子を残さない」と

「遺伝子を残せない」は本能において同義かもしれません。

 

遺伝子を残せず少数派になるのが必然な上、弱い個体と見なされてしまうのなら、どれだけ論理的に優れた主義であっても、多数派に受け入れられることは難しいと考えます。

 

ストレスケアとテクノロジーの進歩

■ストレスとは

ストレスは元々、物理用語で物体の外部から、かけられた力によって歪んだ状態のことをいいます。

stress(ひずみ)=F/A

F=力[N]

A=断面積[m²]

外部からかけられた力であるストレスの原因をストレッサーと呼びます。

ストレッサーで特に多いのが、

・環境の変化

・人間関係

の2つと考えられています。

ストレスは本来、外敵など、命の危機に瀕したときに回避するため、備わっている能力です。しかし、人間は進化の過程で、前頭前野を発達させコミュニケーション能力を高めた結果、新たな原因であるストレッサーを作り出してしまいました。

 

ストレッサーは人間として生きていくにはどうやっても避けられません。たくさんのストレッサーによって生じた歪は、もとに戻りにくくなることもあります。これをストレス状態と呼びます。

 

■ストレス状態の弊害

このストレス状態によって、扁桃体の過剰反応によるストレス増大、ストレスによる海馬の機能の低下、脳のフィルタリング機能の低下に至ることがあります。

また、そこからうつ病・不安障害などの精神疾患や、PTSDなどのトラウマ障害に、罹患してしまう可能性があります。


■ユーストレス欠乏症について
PSYCHO-PASSというSFアニメの架空の病名で、ユーストレス欠乏症というものがあります。進行すると脳梗塞など、深刻な経過をたどると劇中では言われていました。
ストレスケアのしすぎで、かえってストレス耐性が低くなることが原因です。ユーストレス(いきるために必要なよいストレス)が足りないことは、生きる張り合いがないことも意味します。

 

しかし実際には、ストレスが多いと悪いことは多い。ストレスは大脳皮質前頭前夜と扁桃体の樹上突起を変化させ、かえってストレスに弱くなることもあります。

 

通常ストレスは、コルチゾールなどのホルモン分泌の流れのように生物学的な知見で語られることが多い。ユーストレス欠乏症は、ユー(よい)ストレスとディ(悪い)ストレスのように、外部からくるストレスにも種類がある可能性を示唆していると考えます。

 

■ストレスマネジメントの複雑化

ストレッサーは上記のように環境の変化と人間関係の比重が大きい。

自分がどういう環境の変化に弱く、強いのか

自分がどういう人間関係に弱く、強いのか

そういったストレスマネジメントをすることが、仕事、勉強、趣味の本質となりえます。しかしテクノロジーの進歩により、ユーストレス欠乏症とまでいかずともストレスマネジメントも複雑化していくと考えます。

 

私見ですが、人間のストレスにおけるポテンシャルが、テクノロジーの進歩についていけてないように感じます。大変な時代になりました。