スマイルドーナッツの雑記

思いついたことを勢いで書き殴っていきます。

※自己紹介と出演依頼について

はじめまして!スマイルドーナッツと申します。自己紹介ということで、本業とは別に現在行っている活動を下記に示していきます。

 

■パフォーマンス活動

ボランティアでマジックやジャグリング、パントマイム、バルーンアート、マリオネットなどの出張パフォーマンス活動をしております。

出演依頼はこちらへ  ・・・スマイルドーナッツの個人サイト

 

また、それらの技術を複合して、創作チックなパフォーマンスも作っております。

こちらに置いときます・・・創作チックなパフォーマンス置き場

 

■創作活動

あくまで自己満足で、情緒的な作品を作れるように、日々あらゆる表現手段に手を広げております。初心者の域にすら到達してないですが、絵や音楽、言葉を使った表現なんかもできるようになりたいと思っております。

 

よろしくお願いいたします!

ADHDは天才なのか①

最近インターネット上で、発達障害ADHDという症例を目にすることが増えました。

そもそもADHDってなんだって方は興味がありましたら、以下のWebサイトを拝見してみてください。「ADHD」と検索してみるのも良いかもしれません。

ADHDとは?|どんな症状なの?|大人のためのADHDサイト

 

ざっくり言うと、落ち着きがなくてぼけっとしてて衝動的で色んなところでミスりまくり障害。ざっくりしすぎてて誤解を生む可能性がありますね、これ。短文で物事伝えるの難しい。


ADHDについては、ネット上に分かりやすくてレベルの高い情報がいくらでもありますから、今回は僕個人のブログとして、実体験を通したお話もしようと思います。


■急速に広まるADHD
仕事でミスが多い、ルーティンワークが苦手、遅刻が多いといった、不注意的な症状の多さから、自分がADHDだと疑いをもつ方もいるかもわかりません。実際にはADHDの傾向があると診断され、ADHDほどではないという方も多いようです。

患者数は平成23年には1万7000人だったのに対して、26年には4万8000人と異常ともいえる速度で増加しています。一番の理由は認知度の向上ですが、何らかの陰謀を感じるレベルの速度です。


ADHDは天才?
それだけ患者数も増え、認知度も向上してきたことで、ADHDは天才なのではないかとの声も挙がってきています。ADHDの症状は裏を返すと強みに変わることもあるからです。以下に示します。

脳が多動→独特の発想力、連想力、想像力など(何故こうなるかは今後お話します)
衝動性→行動力、新規追求性がある、など

 


■僕自身の話
記憶があいまいな上、バイアスは間違いなくかかっていますが、ご了承ください。

僕は一時的(3ヵ月くらい)にADHDの症状の診断項目に、殆どすべて当てはまるような状態になっていたことがあります。実際にはADHD発達障害のため幼少期から症状があることが前提となりますので、ここではADHDらしき症状と命名しておきます。

思い返せば寝不足がトリガーになったような気がしますね。特に苦しかった症状をいかに示します。


・極度の寝不足状態でなければ眠れない
・椅子に数秒程度しか座っていられない
・聴覚過敏で会話ができない
・視覚過敏でコンビニやスーパーの眩しい光が耐えられない
・いかれた様に衝動買い


文章に表すといかれ具合が分かりますね。この症状が一体何だったのか、未だに分かっておりません。ですがこのADHDらしき症状を、短期的にでも経験できたことで、ADHDの方が天才と言われる所以を、身をもって知ることができたように思います。

上記の症状も裏を返すと強みになることに気づきました。


・極度の寝不足状態でなければ眠れない→寝ないでも行動できる
・椅子に数秒程度しか座っていられない→エネルギッシュに行動できる
・聴覚過敏で会話ができない→様々な会話が断片的な情報として頭に入る
・視覚過敏でコンビニやスーパーの眩しい光が耐えられない→暗いところで行動できる
・いかれた様に衝動買い→経済が回る

 

少しきつい冗談が入ってますね。すみません。

 

最も貴重な経験としては、これらの症状が複合的に組み合わさることにより、様々な事象が組み合わさり、独自の世界観が自動的に生成されていく現象を体感することができたことです。

 

 

ADHDの人が天才と認知されるには

ADHDの人が実社会で天才といわれる様になるには、その特性を生かした上で、能力を駆使した結果が、社会に認知される必要があります。

例えば芸術家になる場合、ADHDの方には独自の発想力、空想力、想像力がありますが、それだけでは駄目で、それを形にする能力や環境と、社会に認知される能力や環境が最低限必要です。

 

■最後に

正直なところ今回の話だけでは論拠は薄いのですが、ADHDの方は天才たる素質はあるが、個人の能力や環境次第と考えています。ですから今後も、実体験の話や少しだけ専門的な話を通して、今回の話を掘り下げていく予定でございます。

 

 

 

 

オーバードーズをやるなら法に触れない範囲で節度を守って

meshigakuitai.hatena

読者登録で、知り合った方のブログで興味深い記事が投稿されたので引用させていただきます。

 

上記のブログではオーバードーズについて、どちらかと言うと否定的な意見が多いと思うのですが、『なんとなく』否定している人が多いという事に驚きました。日本の教育では詳細な薬物についての教育がなされていないので仕方ない一面もあるかもしれません。

 

まずはオーバードーズについての僕の立場をはっきり書かせていただくと、『法に触れない範囲なら節度を守ってやればいい』という意見です。この節度というのが重要で、節度を守るためには多くの知識と適切な判断力が求められます。

 

ちなみに僕は節度を守れる自信がないのでオーバードーズはやりません。

 

ある意味肯定的とも思える立場ではありますが、『なんとなく』危なっかしいし違法っぽい行為ですから、肯定的とも思える立場というだけで否定されることも多いです。僕がなぜこのような立場になったのかをオーバードーズの問題点を踏まえて、お話ししようと思います。

 

・一時的な使用による危険性

オーバードーズを行う薬物によって異なります。合法ドラッグであるお酒も飲みすぎると危険なように、個々の薬物にもオーバードーズ可能な上限があります。薬物の成分を把握し、その分量や効能、副作用、相互作用などを総合的に判断してオーバードーズを行えば、臨床的なデータがないため自己責任にはなりますが、必ずしも危険であるとは言えません。

 

・常習化による依存、耐性などによる危険性

オーバードーズを行う薬物により異なります。一時的な使用による危険性よりも多くの問題が付きまといますし、特に危険なのは依存してしまうと人間の意識レベルではどうにもならない可能性があることです。それでも、生活の質の向上など何らかのメリットと危険性というデメリットを天秤にかけて、前述の総合的な判断を行うことができる能力があるのなら、ありだとは思います。

 

ゲートウェイドラッグとしての側面

嗜好品をたしなんだことのない僕の考えなのであてにならないかもしれませんが・・・

ゲートウェイドラッグってのは他の薬物乱用の入り口になるのではないかといった考え方。詳しくは知りたい方は調べて下さい。今回の場合、合法から違法への入り口となりえる可能性を考えます。全くベクトル違う効能の薬物に関しては、人間は自分の知らないものへ迂闊に手を出さないといった危機回避能力から、心理的なバリアが働くと考えています。また、ベクトルが同じであっても、通常の人間は違法なことは、自分にとって多大な不利益が生じる可能性があるため、ここでも心理的なバリアが働くと考えています。このことから、オーバードーズにより違法薬物へのハードルは下がるが、通常は心理的なバリアが働くため、そこまで気にしなくてもよいと考えるに至りました。データがないので、あくまでも僕の考えだということをご理解ください。

 

僕は医薬品に関する多くの話を伺い、調査した結果、『法に触れない範囲ならば節度を守ってやればいい』という考えに至りました。ただし、その節度というハードルはとても高いと言うことを、ご理解いただけると助かります。

 

個々の成分に関する専門的な話をするときりがないので、今回は割愛しましたが、『なんとなく』違法っぽい、『なんとなく』危なそう、という批判は、お互いに利益を生み出しません。明らかに誤った批判は全く別の問題を生み出す危険があることも理解したほうがよいと思います。

 

 

 

 

影響力の低い活動にも責任はある。

 

hrkbb914.hatenablog.com

 前回、影響力のある店舗が価格を下げるといった、抜け駆けをすることで、相場価格が下がることの危険性についてお話ししたが、影響力の低い店舗が価格を下げることは、場合によっては問題ないと発言した。

 

 

僕のボランティア活動は、間違いなく影響力が低い店舗に近い存在であるが、その実態はグレーゾーンである。と気づいてしまった。

 

実を言うと、こういった外部依頼のエンタメ活動歴は10年を超えており、知名度を除くと、ジャンルごとの得意不得意があるとはいえ、様々な理由で標準的なプロのサービス量を大きく超えてしまうことがある。

 

問題なのは、交通費のみのボランティアで依頼を受ける事で依頼者に、これくらいはボランティアでもやってもらえる、といった事実が記憶されてしまうことである。

 

僕は様々なエンタメ業界に精通しているが、どこの業界も、1回の依頼で最低数万は頂いています。業界によるが、経費だけでも月数万はかかるため妥当と言える。ちなみに僕は月3~5万くらいかかりますね。ボランティアではどうやっても大赤字なのです。恐らくそういった事実を依頼者が理解するのは難しいと思いますね。

 

どれだけ影響力が低くとも、それなりの技術力を持っている人が、過剰ともいえるサービスを行い、しかもほとんど無料ともなると話は別だ。過ぎたるは危険である。僕のような人が増えれば、塵も積もって業界の相場価格が下がり、衰退に繋がる可能性がある。

 

 

僕は人の感情の動きを理解する事で、周りの人に良い影響を与えたいと考えている。ボランティア活動もその一環だ。しかし、知らず知らずのうちに自身の活動が、業界全体の不利益に繋がることもある。全てを取ることは難しいが、総体としての利益を上げるため、今後も変っていかなければならない。

 

 

 

 

 

チェーン店により潰れる個人店、生き残るには

身内がクリーニング屋をやってるんだけど、数十年前と比べるとどうしよもなく苦しい状況らしい。

 

Yシャツ1枚の相場は数十年前は200円位で、最低価格はせいぜい180円くらいだったが、チェーン店の出現により最低価格が90円まで暴落してしまったという。

 

ただでさえクリーニングの需要は減っているというのに、チェーン店に客は取られ、価格競争によって利益も減ってしまった個人店は閉店せざるを得なくなった。

 

身内のクリーニング屋の話によるとここ数十年で

最低価格・・・180円から90円

地元組合の個人店・・・20店から9店

身内の個人店の来店数・・・50人から5人

というように数値を見ると苦しい状況が把握できる。

 

宅配などの付加価値で何とか差別化を図ってはいるが、苦しい状況であることには変わりない。

 

安いところに流れる消費者の意識を変えることは難しいから、業界が暗黙の了解である、相場価格を下げることを食い止める必要がある。今回のように影響力の高いチェーン店が相場価格を半額以下にするのは、明らかに価格破壊であるし抜け駆けに等しい。業界が共謀して相場価格を決定することは違法なので、抜け駆けをしないといった気持ちが大事である。

 

しかし、影響力の低い個人店が価格を下げることは、知名度の向上など、状況によってはありだと思う。労働基準法に従う必要がないので、チェーン店よりも更に低価格でサービスを提供することができるかもしれない。しかし一度下げた価格を上げることは消費者の意識を考えると難しいため、下げるときは慎重になる必要がある。

 

 

 

チェーン店により潰れる個人店がある中で、飲食業界については全く逆の現象が起こっているとの話もある。食べログなどの評価サイトの出現により、評判のいい店の知名度が上がるようになったからだ。

 

影響力のある店舗ほど価格を下げず、サービスで勝負したほうが良い。そういったサービスで勝負する店舗の知名度を上げるためにも、食べログのような評価サイトが、様々な業界で必要であると思う。

 

 

 

 

 

効率よく自分をレベルアップさせる方法

好きなことに熱中しているとき、その行為自体が楽しく、それ以外のことや時間が気にならなくなる状態。言い換えると極度にはまっている状態のことを

 

「フロー」

 

と言うそうだ。ADHDやアスベルガー特有の過集中に近い状態かもね。ちょっと違うか。

 

フローを経験するには自分のありったけの技能を駆使してレベルの高いチャレンジをすることが重要となるそう。

 

さて、今回はフロー状態への持って行き方について、僕なりの見解をお話ししようと思う。

 

 

 

何かを始めるには以下の2点のうち、どちらかが必要。


・やらざるを得なくなり、切羽詰まった時

・自分が納得できる理由がある時

 

切羽詰まった時でも集中力を発揮できるかもしれないけど、長期的に続くのは納得できる理由がある時だと思う。

 

よく好きだから物事を続けることができると人は言うけど、実は人間の脳って続けたものを好きになるようにできてる。

 

また、好きなことをして自分を忙しくすることによりフローを経験することができる。このようによい循環ができあがる。

 

まずは自分が納得できるような好きなことを、たくさん見つけることが重要だ。そうやって、フローへ持っていけるような好きなことを意識的に増やすことで、効率よく自分をレベルアップさせる事ができるかもしれない。

 

 

 

 

ロングテールの時代

ロングテールってのは、販売機会の少ない商品でも、商品や顧客の総数を増やすことで、総体としての販売総数を増やすといった手法だ。))

 

 

実はこれ、本来はインターネットを用いた物品販売の手法なんだけど、インターネットだけではなくて、あらゆる場面で用いることができる。

 

例えば、ロングテールの手法に則って自身の能力の数を増やすことで、自分自身の客観的な(市場)価値を効果的に上げることができる。

 

 

僕の能力を一部分だけ切り取ると、残念ながらその客観的な(市場)価値は、知名度の低さを考えると低いといえる。

 

だから、客観的な価値を重要視して、能力の総数を上げている個人サイトや中野ボランティアパフォーマンスチームと、主観的な価値を重要視して、僕自身の好きなことを行う創作チックなパフォーマンスやこのブログなどを抱き合わせることで、価値の向上を図っている。相性が悪いのか、実際には全然うまくいってないが笑

 

 

 

インターネットが流通していない時代、イチローの様に1つのものを極めたスペシャリストが、特に注目されて価値が高かった。

人間の時間は有限だから、1つのものを極める選択をすると、その分他のことを諦める選択をしなければならない。それではあまりにもリスクが高い。

 

スマートフォンの普及により、これから更にロングテールの時代は加速していくと思う。そんな時、複数の能力をそこそこ極めたジェネラリストが注目される時がくれば、組み合わせにより、多様な価値が生まれるかも知れない。

 

 

 

hrkbb914.hatenablog.com