スマイルドーナッツの雑記

思いついたことを勢いで書き殴っていきます。

ロングテールの時代

ロングテールってのは、販売機会の少ない商品でも、商品や顧客の総数を増やすことで、総体としての販売総数を増やすといった手法だ。))

 

 

実はこれ、本来はインターネットを用いた物品販売の手法なんだけど、インターネットだけではなくて、あらゆる場面で用いることができる。

 

例えば、ロングテールの手法に則って自身の能力の数を増やすことで、自分自身の客観的な(市場)価値を効果的に上げることができる。

 

 

僕の能力を一部分だけ切り取ると、残念ながらその客観的な(市場)価値は、知名度の低さを考えると低いといえる。

 

だから、客観的な価値を重要視して、能力の総数を上げている個人サイトや中野ボランティアパフォーマンスチームと、主観的な価値を重要視して、僕自身の好きなことを行う創作チックなパフォーマンスやこのブログなどを抱き合わせることで、価値の向上を図っている。相性が悪いのか、実際には全然うまくいってないが笑

 

 

 

インターネットが流通していない時代、イチローの様に1つのものを極めたスペシャリストが、特に注目されて価値が高かった。

人間の時間は有限だから、1つのものを極める選択をすると、その分他のことを諦める選択をしなければならない。それではあまりにもリスクが高い。

 

スマートフォンの普及により、これから更にロングテールの時代は加速していくと思う。そんな時、複数の能力をそこそこ極めたジェネラリストが注目される時がくれば、組み合わせにより、多様な価値が生まれるかも知れない。

 

 

 

hrkbb914.hatenablog.com