スマイルドーナッツの雑記

思いついたことを勢いで書き殴っていきます。

パニック障害みたいな

今日一緒に飲んだ方々の中で、自己判断のパニック障害を訴える方がいた。自己診断なんだけど、エレベーター乗れないくらいには症状重かったぽいから、多分そうだろう。多分。


パニック障害に続発する広場恐怖って症状があって、簡単に言えば、エレベーターの中みたいな人ごみとかの、逃げられないような特定の場所に行ったら、パニック障害の症状がでてしまうから、それを避けるといったもんだ。


その方、今は飲み会にこれるくらいだし、なんかユーチューバーっぽいことやってるみたい。そこでパニック障害の紹介なんかもやってる。すげーな。多分。


そういうきつい症状経験したことある人って人に対して優しくなっちゃうんだよな。おまえらもきつい症状を味わえって、人に対して厳しくなる人もいるかもしれないけど。


人って優しいと舐められるから。結局、色々乗り越えてもまた大変な思いをすることになるだろうさ。

それでも、そういう人間には何度でも立ち上がって欲しいと思う。

喧嘩になる原因ってなんだよ

僕はほとんどの場合で喧嘩両成敗派です。

 

心理学的に喧嘩になりにくい言い方ってもんがあるらしいね。

頑張れよとか、ちゃんとやれよとか。そういう曖昧ないい方じゃなくて、なるべく具体的に言うとか。しつこく言わないとか。そんくらいか?

 

そもそも怒りの感情ってのが心理学的に無意味らしいから、喧嘩もないほうが良い。喧嘩するほど仲がいいって言葉もあるけど、それ仲がいいんじゃなくて、お互いが慣れ親しんでることから調子のって、一線超えてしまった失敗を正当化してるだけじゃねーのって思う。

 

まあ喧嘩してしまったなら次に生かせばいいんだけど、難しいですよね?僕自身、意識的に喧嘩にならないよう勤めてるつもりなんだけど、どうもうまくいかん。

 

単純に僕の言動や行動で特殊なことが多いってのもあるだろう。誰しも特殊な部分はあるけど、その量の問題だ。人間は自分自身の経験や知識の範疇から、大きく超えた物事にショックを受けるらしい。ショックからパニックになって喧嘩に発展するってパターンかな。

 

一人として同じ人間はいないから、個別に対応方法が異なる。いろんな人と関わってきて、どうも全体的な傾向より、個人個人の性質をお互いに理解してない事からおこる喧嘩が多いように感じるね。

 

 

ほんとに視野を広げられてんの?

視野を広げようって、まあありふれた言葉なんだけど結構できてない人が多いように思う。たぶん僕もまだまだなんだけどね。

 

さすがに25年も生きてると色んな業界に手を広げるようにもなる。僕が一番最初に本格的に骨の髄をうずめたのはマジック業界。中学生くらいだったかね。当時は経験も知識も今と比べるとまだまだだったから、自分が属した勢力の考えがすべてだった。自分が重要視する部分ってのも、その勢力に依存してただろう。

 

これもありがちなんだけど、自分が重要視しているところをおざなりにしてる人に対して、感情を高ぶらせて攻撃的になったりした。わかる人にはわかるんじゃないですか?

 

マジックの業界に限らずどんな業界にも様々な勢力が存在する。よく言われんのはガチ勢とかエンジョイ勢とか、もっと細かく分ければガチ勢でもアスリート(技術重視)系、芸術系、エンタメ系、エンジョイ勢でも意外とたくさんの勢力があるもんだ。

 

もう書いてくときりないくらいの勢力が存在する中で、お互いが折り合いつけて何とかなりゃいいんだけど、全然何とかなってないことがそれなりにあるのは、視野の狭さが影響してるように思う。

 

視野を広げるには、自分自身が様々な勢力の立場に、実際に立ってみる経験が必要だと思う。言葉だけで理解できる人はいいんじゃないかな。でもこれだけ情報があふれてる社会の中で、相手の立場になって考えようとしない人が多いってのは、やっぱ経験不足が否めないのかなって。

 

視野を広げるためにも色んなことに挑戦すればいいと思う。結果的に視野を広げざるを得なくなるから。

 

日本ではイチローみたいな一つのものを極めてくスペシャリストが特別視されて、そういう人生がよいとされてる気風があるけど、色んなことがそこそこできるジェネラリストはおざなりにされてるよね。

 

僕なんかまだまだだから、ほんとはたいそうな事言えないんだけど、視野を広げるきっかけを作るためにも、社会全体がもっと変わっていったほうが良いし、変わることになるだろうと思う。

 

 

 

 

 

 

自分の知らない領域からアイデアを生む

イデアってのは天才的に0から生み出されるものと、既存のアイデアから足し算で生み出されるものがある。

 

東洋の仙人みたいに滝に打たれることで、天才的なアイデアが生み出されることもあるかもしれないけど、現代では既存のアイデアからひっぱてきたほうが早いし効率が良い。

 

そのアイデアをひっぱてくる場所なんだが。

 

自分の詳しい領域よりも、知らない領域に意図的に関わることで、イノベーションが起こりやすくなるってのはよくある話だと思う。

 

僕は天才じゃないので、たくさんの知らない領域に足を踏み入れて、アイデアをひっぱてくることで、新しいアイデアを生み出したいと考えてる。

 

 

 

みなさんはどうですか、見てる人いないと思うけど

知名度

僕は知名度がない。

 

それなりに浅く広くは人付き合いあるんだけど、浅すぎて僕の名前すら知らない人が多いように感じる。今まではそれでいいやって思ってたんだけど。結局自己アピールを怠ってきた結果なんじゃないかなってね。

 

趣味がほとんど表現系なだけに致命的なわけですよ。表現の価値って結構知名度に依存してるとこあるから。15年くらい前はネットに動画作品アップしてたんだけどね。誰にも知られず埋もれてしまった。情報には鮮度があってその時の作品を今アップしてもダメなんだ。

 

そういう意味では人付き合いも趣味も一緒で、自分の価値は自分で認められればいいって思ってた、だけど独りよがりになりすぎたね。

 

ツイッターみたいに支離滅裂な感じなっちゃったけど、まあいっか。これからもこんな感じで行くと思う。気合い入れていくと続かん。

 

どうぞよろしく

 

 

 

 

 

創作チックなパフォーマンス置き場

出演依頼とかでは、あんまりやらないタイプのパフォーマンスを載せていきます。

僕の演技は自分好みの雰囲気を重視しているので、各々の業界のスタンダードな演技に対する価値観からは、大きく外れています。


様々な表現手段の情緒的な作品を、10年くらい見続けていたら、こういう雰囲気のものが好きになりました。

この動画を見てもわかると通り、起伏もなく派手さもない、技術的に難しいことをやっているわけでもなく、革新的なアイデアが盛り込まれているわけでもない。誰が見ても万人向けではないのは明らかである。

 

それでも、僕にとってよいと感じるものはこういうものだ。

 

ーーーーー

 

▼ 作品名とコメント

 

Melt(2015) full

 リンキング現象

玉遊び(2015) digest 

 マリオネットの水晶玉遊び

Bubbles(2015) digest

 シャボン玉がテーマの多ジャンル複合型パフォーマンス

ClearSmile(2016) full

 様々なアクリル素材を用いたコンタクト

Flower(2016) digest

 花がテーマの多ジャンル複合型パフォーマンス

TheRose(2017) full

 薔薇造花メインのマニュピレーション風

FlyDream(2017) full

 飛ばされそうで飛ばされない

 

※時間の長いパフォーマンスはダイジェスト動画になっております。

 

 

 

自己紹介追加分

TOPに置いてある記事が自己紹介として機能してないので追加。

 

■好きなもの

基本浅く広くなんだけど特に好みのものを厳選して書いてきます。

 

▼好きな作曲家

吉田靖・・・

Yasushi Yoshida - Grateful Goodbye - YouTube

▼好きなパフォーマー

小林賢太郎・・・

ラーメンズ 小林賢太郎 【丸の人】 - YouTube

▼好きなクリエータ

外山光男・・・

ぼくらの風 - YouTube

▼好きな監督

今敏・・・

パプリカ 発狂シーン - YouTube

 

 

結局機能してないので随時更新予定。